いま学びたい、疾病予防・健康増進「中国養生療法」

 ~自分らしい毎日を送るために、私たちはどうすればいいんだろう

 

■「自然」に生き、心身の声を聞いて、ニュートラルな自分を取り戻す

中国の人たちがいまもよく口にする“順基自然”という言葉を耳にしたことはありませんか。目前の起こっていることにあらがうことなく、自然の流れに任せる。これは「中国養生の祖」と称えられる老子による、次の言葉によります。

「人法地、地法天、天法道、道法自然(人は地に法(のっと)り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然に法る)」。自然の流れにすべてを委ね、身体に対する心、意識の干渉を捨て去り、思考から遠ざかること。これが生きることのかなめだと説きます。

現在の疾患の7割は、心の患いに端を発するものだといわれます。過度に多忙な生活リズム、大自然から切り離された生活、加えて年々ひどくなっていく複合汚染などにより、私たちは絶え間のない不安や怒り等のストレスに苛まれ、自分自身を見失い、気づけば心身の不調に悩まされています。

 

全身の気の流れを整えるバイブレーションで セルフケア力、自己免疫力を高める

我々の身体は物質的な細胞の集合体ではありません。構成するすべての臓器、血管、筋肉、骨などを支えるものがあります。休むことなく正確に動かしている源は生命力エネルギー。それを中国では「気」と呼んできました。病になるのは気が滞っているからで、全体の「気」の循環を整えることで生命力を活性化していきます。

「養林」は数ある自然療法の中で、波動(振動)療法、波動(振動)医学の効果に注目しています。生命エネルギーは身体を循環する中で、微細なエネルギーの場が作られています。すべてのものは振動しており、人の身体の各臓器も固有の振動周波数があることが知られています。また身体は大半が水からなっています。人間の身体は振動に共鳴しやすいともいえ、「養林」では、さまざまな振動の方法を利用し、人間にそもそも備わっている自然治癒力を理想的な形で引き出す各種振動療法を行っています。微細なエネルギー、「気」の流れが整えられることにより、身体の不調だけでなく、心の不安定さも軽減していきます。

心身の健康を維持するには、心身のバランスを維持すること。ストレスフルな状態にあっても、すぐに心をからにして、ニュートラルな状態に戻すすべを心得ることが第一歩だといえます。つまり安易に医師や医薬に依存するのではなく、「自己の最良の医師はおのれ」。折々の自分の心や身体の声に気づき、自分で調整していくセルフケアが今後ますます重要になります。

「養林」のメインセッション:気功、リセット®、シンギングボウル、その他各種音声療法を組み合わせたワークショップ他、連想法による過去世療法などのセミナーを催行。

 

 

 

 

蘇州は昔も今もスローライフを愛する養生の街

蘇州はかつて文人文化の中心であり、旧市街は今も緑の多い、自然と人にやさしい、文化を大切にする街。蘇州は呉門医派とよばれる中国医学で名高い医師を多く輩出しており、古来より文人士大夫たちが好んでその余生を送ったスローライフを愛する養生の街でもあります。

「養林」は、蘇州、上海など中国に在住され、慣れない海外生活にストレスがたまりがちな方、また日本を離れ大陸の気に触れ、ご自身をリフレッシュしたいとお感じの皆様に向けて、心身をニュートラルにし、ご自身の心と身体の調整を学んでいただく。それにより毎日の生活をさらに快適に、かつ自身を深めていらっしゃる一助になることを願っています。

 

 

 

 

「養林」のロゴは、一般社団法人からふる(障がいのある子供たちの「自分を生きる」を応援)KENSHIRO君のデザインです。http://color-fuls.com